女性に人気の職業ベスト10

女性に人気があると言われている職業はどのようなものがあるのでしょうか。2014年のDODA転職人気企業ランキングから見る人気の職業ベスト10をチェックしてみたいと思います。

 

  1. グーグル
  2. トヨタ自動車
  3. オリエンタルランド
  4. 全日本空輸(ANA)
  5. リクルートホールディングス
  6. 資生堂
  7. ベネッセコーポレーション
  8. パナソニック
  9. サントリーホールディングス
  10. 三菱商事

 

1位はIT業界です。グーグルやリクルートホールディングスなどIT系でも情報産業に係る職種が人気になっています。パソコンのスキルを利用しておこなう仕事を選ぶ人が多いようですね。

 

2位に来るのは自動車産業で、トヨタ自動車や本多技研工業といった会社が人気の企業となっています。女性の場合みは工場作業などよりはディーラーなどの販売店勤務を希望している方が多いようですので、販売職に人気があるといえるようです。

 

3位に来ているのはサービス業です。この3位に入っている企業はオリエンタルランドです。このオリエンタルランド、東京ディズニーランドやディズニーシーなどを運営している会社になっています。つまり、レジャー。サービスの分野が人気の職業ということになるかと思います。

 

他に化粧品メーカー、飲料水メーカーなどが入ってきています。全体的に身近なサービスを提供したり製品を販売するといった職業が人気が集まっているようです。

 

転職エージェントで女性の仕事探し

女性も仕事を持つ時代です。出来ることなら自分の好きな仕事を続けたいと思うでしょうね。女性の職業探しに便利なエージェントを活用してみましょう。

仕事探しのワンポイント

仕事探しに必要な準備について

実際に仕事を探そうと思ったら、必要な準備はどんなものなのでしょう。フットワークも軽く、思い立ったらすぐに動くのも大事ですが、仕事探しを達成するための大切なのはしっかりとした準備です。現時点で働いていない人は、仕事探しと同時に働くための準備も大事です。仕事探しを今働きながらする人も、家族や周囲の人に新しい勤務地や、勤務時間の変更などがどのような変化をもたらすかを検討することが大切になってきます。どんな条件で仕事探しをするかを、仕事探しを行う前からはっきりさせておきましょう。要点を押さえた行動を心がけておけば、いざという時にスピーディな決断もできます。どんな目的でなぜ仕事を探すのかを自分で理解しておくことです。絶対に仕事探しで満たしておきたい条件は何かを明確にしましょう。どうしてその条件が不可欠なのかを自分で分かっておけば、そこから志望の動機もはっきりするかもしれません。その仕事をすることが、最初に考えていた自分の希望どおりだとはっきり言えることが、仕事探しの成否を分けます。後々就職活動で行動に矛盾が出たりすることが、ポイントが明確でないままで仕事探しをしていることによってあるでしょう。志望動機を面接の場でもしっかりと述べることができなくなってしまうでしょう。仕事探しの準備では、何を最重要ポイントにするかをはっきりさせることが大事です。

 

仕事探しのための自己分析

どのように仕事探しのための自己分析をするべきなのでしょう。採用面接時の自己アピールのために必要なのが自己分析なのですが、それだけに限らず自分にとってベストな仕事探しの指標にもなるものです。自分は何のために働くのか、どんな職業なら自分らしさが生かせるのかについて、自分の考えを整理することが自己分析です。名の知れた企業だから、人が羨む人気企業だからという、周囲の情報だけに、自己分析を丁寧にしていないと、仕事を見つけるときに影響されてしまうかもしれません。人生の目標も、自分の根っこにあるもの早い段階で発見し、仕事探しが見つけたものに従ってできるようになれば容易に見つけることができるでしょう。自己分析は一度やって終わるものではなく、何度も見直していくものです。自己分析において吟味するのは、どんなことにやりがいを感じてきたか、現在までに自分がしてきた成果をこれを機に振り返ります。同時進行で、多くの仕事探しに役立つ新情報があるのでどんどん入手しましょう。自分の中を掘りさげることも自己分析では大事ですが、1人の人間か持っている情報は限られています。さまざまな生き方をしている人の話や、他の職種の人の話を聞き、自己分析ではそのことについて自分がどう思ったかも振り返りましょう。新しい出会いや、自分の中の可能性を、情報を知る過程で発見する場合もあるでしょう。自己分析をしっかり行って仕事探しに活かしていきましょう。
【PR】WEBデザイナーの転職

 

仕事探しをどのように行うべきか

実際に仕事探しをする時に、気を付けることはなんでしょうか。何をもって仕事探しをするかというのはいろいろなので、正解はひとつではないといえます。それぞれ個人によって何を第一に考えるかは違うので、自分の適性や、収入、待遇、職場環境のどれを一番に考えても良いのです。自分の中で最も腑に落ちる考え方を優先して仕事探しをする必要があります。けっして良い結果は生まれませんので、人の価値観を、理解することができないまま受け入れて仕事を選ぶのはおすすめできません。仕事探しは可能であるならば、今の状態に満足しているときに行ったほうが良いでしょう。今の仕事が面白くないという状態や、不満がある状態で仕事を探しても判断が鈍ることがあります。しっかりと現在の仕事の問題を片付けてから仕事探しができれば、現在よりもっと良い職場環境に移ることができるのではないでしょうか。今まで生きてきた中でどのような決断をしてきたかを、もう一回整理してみることも重要です。進学や就職など、人生のターニングポイントでどんな決断をしたか、何を基準にしてきたかを書き出してみるましょう。見えてくるのは、自分が無意識のうちに重要だと考えてきたものです。客観的に理解することによって、これからも重視するかどうかは別としてそれを根本に仕事探しをすることができます。仕事探しを成功させるために、様々な角度から現状を振り返ってみてください。


このページの先頭へ戻る